Skip to content


Tag Archives: 表演

  1. 套路の上手下手

    今日も書くネタがない・・・なので套路の上手、下手を見るときのの基準について少し書いてみようと思います。

    套路が出来るからといって格闘技としての能力がある訳ではないので、強さには全く関係がないといってよい内容なのですが八極拳等、伝統武術では套路が出来て一人前的な扱いを受けることがあるので知識として参考までに読んでもらいたいです(^_^)

    基礎知識は『套路について』で説明しているので参照してください。

    八極拳の基本的なところと、管理人が見るときの基準について書きます。

    1.基本姿勢がとれているか?

    2.演武線は間違っていないか?

    3.発力、天転等、主要動作が正確に行われているか?

    4.六合が一致しているか?

    5.意識して眼と指先を使えているか?

    ほんとに基本的な部分なのですが、何年も練習してる人でも出来ていなかったりします(^_^;)

    強さと套路の上手、下手は別問題なので強さを求める人は気にしていないのかもしれませんが・・・

    僕個人としては、套路も上手いに越したことはないと思うのですがどうでしょうか(^O^)

     

    更に、意識するポイントとしては

    6.発力が正確で、柔らかく、余裕があるか?

    7.動きに無理、無駄がなく遅速ないか?

    8.視野を広く保っているか?

    この辺は好みの問題なので(動きにメリハリがありながら、早すぎもせず、遅すぎもせず・・・間が活きている表演が好みです。)上手、下手の観点からいくと少しずれるかもしれません(^_^;)

    (八極拳なので八項目でまとめてみました (^o^)/)

    套路を表演するときや、見るときの参考にしてみてください・・・こんな感じです。

    Posted in 雑記帳.

    Tagged with , .

  2. 表演について

    あまり聞きなれないかもしれませんが、表演とは套路や、対練等を人に見せることで、日本武道での演武に近いと思います。多少、他人の目(観客)を意識した動きが入る場合もあります。

    昔は自分の練習している武術を紹介するのに便利なため、名刺交換のように、表演(演武)されたりしたようです。

    套路の動きから練習者の力量が読み取れたりするので、個人の実力を判断する材料にもなっていました。

    しかし、套路から個人の実力を判断する場合、判断する側の人に、かなりの力量が必要となります。また、流派が変われば求められる内容が変化したりするので、上手い下手、良否を決めるのはさらに困難となります。

    (個人的には、力量を見る為の物差しの一つと捉えた方が良いと思います。)

     

    現在は套路を表演競技として、上手い下手、美しさを競う試合もありますが、審美競技としては得点の信頼度で重度の問題(*1)を抱えています。

    今後、表演を競技として成立させるのであればその解決が必須となると考えられます。

    表演競技に参加する人は現状の諸問題を理解し、競技としてではなく、イベント、お祭りと考えて参加するべきだと思います。

     

     

    *1 資料:日本武道学会 武道学研究論文より、

             著者 七堂利幸 中国武術の表演試合における問題点(1) 中国武術の表演試合における問題点(2)

    Posted in 雑記帳.

    Tagged with .