Skip to content


合気道の練習風景

入り身投げ
諸手取りの入り身投げでしょうか?七堂先生は受けが自分から飛ぼうとすると悪戯して
飛ぶ前にタイミングをずらして、崩し直してから技を掛けます。
「自分から飛んだら練習にならない」
受けを取る側は逃げるに逃げられず大変です。

写真は合気道楽々健身倶楽部のたぬけさんから頂きました。

Posted in 写真.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.