Skip to content


試合での一場面

1994年4月29日撮影


抱提
 

これも八極拳の特徴である『靠進』 素早く間合いを詰め、相手の力を封じて

制圧していく行程が解りやすいと思います。

試合は、套路に含まれる理論や技を『自分が、どの程度使えるのか?』を試す場所です。

技術を分析し、次につながる工夫の場所でもあります。

勝ち負けの結果も大事ですが、それ以上に大事な役割があることを忘れないでください。

試合は色々な経験ができる貴重な実験場所なのです(^-^)

Posted in 副会長の独り言, 動画.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.