Skip to content


大騒動! 大杆子三本目(;一_一) その2 

昨日から続きです

幻の大杆子が到着後、全体の状態を確認したところ・・・あ、穴が~!!
一ヶ所、虫穴を発見!(T_T)


 

ま、しかたない。残念なことではあるが、木材に虫がつかないようにするのは無理というもんです(-_-)
 

問題は、如何にして、虫食い箇所を最小に抑えるか?という対策、対応が大事なのです(^。^)
まずは再度、確認・・・

現段階では、虫穴は一つだけのようです。
穴があるということは、キクイムシ等の幼虫が成長してここから外へ出た可能性が高い。
他にも幼虫が木の中にいるかもしれない・・・
清掃、防虫、除虫対策後、状態を監視する必要がありそうです。 
 
まず、尖端の切り口に土が付着していたので、古い歯ブラシで土を除去。



ノズル付きの防虫スプレーを使います。

 

虫穴にノズルを差し込み噴きつけ、その周辺、節、割れ等の部分に、殺虫スプレーを吹き付けた後、防虫効果のある、ひば油をたっぷりと塗りつけました。
夏の終わりくらいまで様子を見て、他に穴があいてこなければ大丈夫でしょう・・・。問題がなければ、虫穴補修を行うつもりです(^_^)

 

しかし、この大杆子は初手から手古摺らせてくれますね~(^_^;)

でも、太さといい、重さといい、気に入ってます。

なんたって、握るとこんなんです↓

 

さすが、直径7cm 圧倒的な迫力です(^◇^)

普段使っている大槍(直径5cm)↓


直径5cmでも十分に太いのですが、7cmに比べると、かなり細いですね(^_^;)

 

因みに、振ってみたら、釣魚槍、摘灰槍、抱月槍はできませんでした・・・っていうか、釣魚槍は先端が上がらない。摘灰槍、抱月槍は構えられない(^_^;)

こんな大槍杆に槍頭がついた大槍を扱っていたという、呉会清はやっぱり、化物じみた巧夫だったんですね(-_-;)

古の名人、達人の技量を体感できる。これが僕が大槍、大杆子にハマってしまった要因の一つなのですが、今回もいい経験が出来ました。

後は、こいつを使って、自分がどれだけ力量を高められるかです。

古の名人、達人に恥じない力量になりたいもんですね~(^。^)y-.。o○ 

 

 

 

昨日話した、誤送されてきた全長5mの大杆子は今日、イチクリさんに返送しました。

興味のある人はイチクリさんに問い合わせてみてください(^。^)y-.。o○

Posted in 副会長の独り言, 鍛練&防具.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.