Skip to content


間合いの感覚

 

2010年7月25日撮影   携帯からはこちら



2010年7月25日撮影   携帯からはこちら



2010年7月25日撮影   携帯からはこちら

今週のオススメ動画です(^_^)

散手では、投げ技や関節技に目が奪われがちですが、やはり突き蹴りが基本。M&S 両氏の練習は見ていて面白いです。

O&S氏の練習も、特徴があり興味深いものがあります。

 

全体的に中間距離での受け重視の攻防が目立ちます。もう少し積極的な攻撃姿勢が欲しいです。

間合いを如何捉えるか?工夫してみてください(^_^)

O君は積極的に攻撃していますが、前手のメリハリ、蹴りに対する防御が課題です。

Posted in 動画.

Tagged with , , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. kei says

    中間距離で戦うのは良いと思うよ。まず、そこでしょ。

    中間距離は体格、性格、兵法的なモノによって変化しますが、
    最初に超接近で戦う練習体系が
    今の会の人達に刷り込みすぎたと思いますが…

    副会長の考え方もあるし、引き継いできたモノかもしれませんが…
    工夫しましょう は色んな意味で捉えられますが、副会長は個別で具体的にアドバイスしても良いと思います。工夫、工夫、『聞いてこないから…』だけでは淋しいです。
    僕等は補佐役として頑張ります。
    生意気な意見ですが、このサイトを見てる会のみんなも、その辺りを考えて下さい。
    聞く、考える、古を知る、稽古に、たった一つだけ課題を見付け
    やられても良いから徹底的に技を磨いて下さい。


    副会長!生意気言うてスマヌです。

  2. 副会長 says

    >>kei
    工夫の内容は人それぞれあっていい。考え方、個別のヒントや方法は練習時にアドバイスしているつもりだけど…まだ足りんかな?(・_・;)
      
    僕は工夫すること程、楽しいことはないと思うんやけど、この感覚も人によって違うのかもしれんですね(^_^;)
      
    >副会長!生意気言うてスマヌです。

    熱い気持ちは伝わってくるので無問題。もっと熱い意見を聞かせてください( ^^) _旦~~
     
    しかし、人に伝えるのは難しいね~まだまだ、伝えていく工夫が必要だね(^_^;)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.