Skip to content


試合での一場面

1993年11月28日撮影


抱提→袖別子
 

倒れた相手への攻撃が認められた試合での一場面です。

これは僕の後輩、M君の試合模様です。倒れた後に、様子を窺いながら殴っているあたりに

彼の優しさが出ています(^-^)

八極拳では相手を攻撃する際、自分の体勢を保持するのが基本ですが、畳やマットの上では

同体で倒れることもよくあります。地面と比べたら柔らかい畳やマットの上では微妙に踏ん張りが

利かないためです。(畳の上での散手に慣れていないのが主な原因ですね(^_^;))

同体で倒れる時に体重を浴びせるのは、それはそれで有効なのでありですが、しっかり自分の体勢を

保持出来るようにしたいですね。

(簡単そうですが、これが実はとても難しく、大変なのです・・・(^_^;))

Posted in 副会長の独り言, 動画.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.