Skip to content


試合での一場面

1994年4月29日撮影



靠進

 

八極拳の特徴である『靠進』が結果として、技に結びついた場面です。

試合では名前の付かない技が頻繁に見られます。

試合では、「~(技名)を使ってやろう」というのは、余程、実力に差があったり、精神的に余裕がないと出来ません。

試合では日頃積み重ねた練習が、ほんの少し現われてくるのです。

ほとんどの場合、意識して出るものではありません。『動いた結果、技になっていた』といった方が解りやすいかもしれません。

上の動画は地味ですが、地道な練習が実を結んだ瞬間で、気に入っている場面の一つです(^-^)

Posted in 副会長の独り言, 動画.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.